手術から1年

1年前の今日は

麻酔の中で、何の記憶もない1日

手術の前

生きるということも

死ぬかもしれないということも

考えようとしたけど

ちゃんと考えることはできなかった

本当に病気に向き合っていなかった

だから、泣くこともなかったし

悲しむこともなかった

ただ手術の日を迎えて

麻酔の中に沈んだ

目が覚めてからは限られた自分にできることをするだけ

病気のことよりも

息子の大会を観に行きたい!

ばかり考えていた

本当に病気と向き合うことから逃げていたのかもしれない

けど、それでも今がある

どう向き合うのか、どう過ごすのか、どう乗り越えるのか

自分の心でしか分からないこと

後悔することがあるとしたら

病気になるより前のことの方がずっと多い

時間は戻らないし

やり直しもできない

手術から1年の月日が経った

手術の前の自分に戻れることもない

それまでの人生とは違う1年だったな